DAIのポケモンブログ

ポケモンのネット大会やポケセン大会の構築記事が中心です

【ポケセンバトルイベント使用構築】~20周年記念!シェイミバトル~に参加してきました

こんばんは。構築記事を書くのはこれが2回目になります。ポケセンバトルイベントの構築記事は初めてとなります。

今回はポケセン20周年を記念して6月23日(土)に行われましたシェイミを使用したバトルイベントに行ってきました。詳細は以下のURLを参考にしてください。

http://www.pokemon.co.jp/info/2018/06/180608_p05.html?news_recommend_category=post

 

ざっとルールを説明すると

・手持ち6→3のシングル

ポケセンで配布されているシェイミは絶対選出

・無印SMでも参加可能の為、USUM限定新要素は参加不可(アーゴヨンズガドーンツンデツンデ、持ち物ミミッキュz、ジャラランガz等)

・メガ進化禁止

シェイミ以外の禁伝、幻ポケモンは使用禁止

です。

 

ポケセンシェイミ絶対選出のバトルイベントがあると聞いて、「まあポケセンのバトルイベントは基本ダブルバトルだから今回もダブルかなー」と思っていて、詳細が発表されるとルールはまさかのシングルバトルでした。

まず率直に思ったのが「こんなのスカイシェイミでスカーフエアスラてんめぐ怯みゲーになるじゃんw」恐らくルール見た8割くらいの人もそう思ったに違いありません。シェイミは大半がスカーフorノーマルzor襷持ちになることは予想がつくので、いかに怯みを防ぐか、タイプ相性でカバーして試行回数を稼げるかがが重要なポイントとなっています。

以下が使用ポケモンとなります。

f:id:ultradash_poke:20180624202456p:plain

【個別紹介】

シェイミ(スカイフォルム)@気合の襷

性格:臆病 特性:天の恵み

175-110-95-172(252)-96(4)-196(252)

エアスラッシュ→タイプ一致。天の恵みの効果で怯み確率6割という驚異の数字。

シードフレアアイデンティティ。D2段階下げる効果がある。

大地の力→補完技。炎や電気に打つ。ランドフォルムの時にしか覚えないので注意。

電光石火→ミリ耐えされたポケモンに打つ。そういう状況がよくあったので入れて正解だった。

絶対選出枠。安定のスカーフにしようかなと思ったが、エアスラで怯まなかったら大体ワンパンされそうなので、試行回数が稼げる襷を持たせた(あとスカーフエアスラという単純思考戦法はあまり面白くないかなあと勝手に思ったw)。スカーフシェイミと対面すると100%上からエアスラされるので、そういう状況を作らせない立ち回りをする必要があった。やむなく対面しちゃったら怯まないのを祈るしかなく、怯まなかったらエアスラ+石火で落とすことができた。シェイミの石火持ちは全然読まれなかった(覚えることすら知らない人もいた)ので地味に刺さっていた。一般ポケに対して上を取れれば6割怯みという恐ろしい運ゲを迫られ、ずっと怯みを浴びせ不利相性を突破した試合もあった(当然自分も怯みで負けた試合がありました^^)。

 

ヒートロトム@炎z

性格:控えめ 特性:浮遊

153(220)-x-128(4)-155(124)-129(12)-125

(ポリ2のDL対策のためにD>B、Sは最速テッカグヤ抜き、Cは確かH204カグヤに対してボルチェンが確2、残りH)

10万ボルト→安定の電気技。主にカグヤに打とうとしたがあまり機会がなかった。

ボルトチェンジ→不利対面のときに打ち逃げする。裏ポケモンに受けてもらう必要があるときに使用した。

オーバーヒート→一致技。炎zで弱点を付ければ大体ワンパンできる。

めざめるパワー氷→優秀な補完技。スカイシェイミに打った場面が何度かあった。

相性補完枠。シェイミが一番苦手なのはテッカグヤであり、カグヤをいかに対策するかがこのルールの鍵であったともいえ、こいつを真っ先に入れようと思った。大体カグヤが来ると投げていた。あとはスカイシェイミにも投げることも多々あり、受けだしで何とかなった場面もあったが、いかんせん怯み率が恐ろしく、zお祝いで能力を上げられ、エアスラで4連続怯みで負けた試合もあった・・・。

 

ポリゴン2@進化の奇石

性格:図太い 特性:ダウンロード

192(252)-x-156(252)-125-116(4)-80

イカサマ→安定して入れられる技だったが、他の攻撃技でよかった。

自己再生→耐久を生かし粘ろうとして入れたが、打つ機会がなかった。

毒毒→耐久ポケに対して入れる技だが1回も打つ機会がなかった。

トリックルームドサイドンへの切り替えしに入れたが、1回も打つ機会がなかった。

選出は初戦の1回(しかもその対戦は負けた)だけだであり、入れたのは失敗だった。技構成が完全に失敗であって、シェイミやカグヤ等が多いから普通に冷ビや10万を入れといた方がよかった。ドサイを入れることを考えトリルを入れたがシェイミも入れなきゃいけないルールなのでバシャーモとかいると中々出すことが出来ず、ガバガバな構成になってしまった。

 

フェローチェ@こだわりスカーフ

性格:やんちゃ 特性:ビーストブースト

146-207(252)-57-158(4)-51-203(252)

とんぼ返り→相性不利な時に打ち逃げする。ランドシェイミと耐久振っていた?フーディンをワンパンした。

冷凍ビーム→スカイシェイミに打つ技だったが1回も打つ機会がなかった。

飛び膝蹴り→最高火力の一致技。1回も打つ機会が(ry

毒突き→対フェアリー用。1回も(ry

スカーフシェイミ絶対倒すマンとして入れた地雷枠であったが1度も対面することはなかった。実際こいつを入れるとスカイシェイミと一緒なので耐久面がガバガバになり、選出をためらってしまったが選出した時は活躍してくれた(とんぼを2回撃っただけだったが)。

 

ドサイドン@岩z

性格:いじっぱり 特性:ハードロック

211(164)-211(252)-150-x-87(92)-60

ロックブラスト→安定の一致技。あまり打たなかった。

岩石砲→岩zと合わせると最大火力が出せる。並耐久のポケモンなら大体ワンパンできる。

地震→一致技。あまり打つ機会はなかった。

剣の舞→火力上げようと入れたが、シェイミの交代出しを恐れて全然打つ機会がなかった。

主にカグヤ対策で来る炎や電気ポケモンに対して投げることが多かった。最初この枠はアローラガラガラにしようとしたが、あっちは抜群取られるとワンパンされてしまう可能性が高いので、2倍弱点なら高確率で耐えてくれるこっちの方を採用した。アロガラとの対面もあり返しの岩zで落とせたこともあったので採用は正解だった。z岩石砲は相手のHPが少し削れてれば大体1発で落としてくれたので個人的MVPをあげたい。

 

テッカグヤ@とつげきチョッキ

性格:呑気 特性:ビーストブースト

195(180)-140(148)-160(180)-127-121-72

ヘビーボンバー→一致技。シェイミに打つことが多々あった。

地震→補完技。あまり打つ機会がなかった。

ギガドレイン→補完技。あまり読まれないが打つ機会もあまりなかった。

火炎放射→補完技。鋼枠やシェイミに打っていた。

恐らくスカイシェイミ対策として入れた人が多いだろう。シェイミにエアスラ打たれても試行回数を稼げるようチョッキを持たせた。シェイミではこいつを突破することはほぼ不可能であったから他の炎電気枠で何とかするしかない。補完技は様々なタイプに対抗できるような構成にしたが打ってたのは大体ヘビーボンバーであった。選出率はシェイミ除いてNo.1。(ちなみに無印SM初期のGTS産であり、どういう調整だったかも忘れてしまいました^^)

 

基本選出はスカイシェイミ+テッカグヤ+ドサイドンorスカイシェイミ+テッカグヤ+ヒートロトムでした。この3匹で相性補完が完成していたので、思考停止でこの2通りのどちらかで戦いました。負けた試合は選出ミス、ドククラゲのDが意外に高かった+ミラコにやられた、スカイシェイミの交代考えずに安直に岩zでなく地震を打った、お祝いzシェイミの4連怯みでヒトム突破された4試合でした。勝った試合で印象に残ったのはこっちHP満タンの襷シェイミ、相手HP赤ゲージのスカーフシェイミだったが電光石火2発でギリギリ勝てた試合でした(2発目高乱数引かなかったら負けていた)。

 

【雑感】

ポケセン名古屋で参加していました。去年夏から仕事の配属の為、愛知の方に住むことになったので一番近いポケセンは名古屋となったからです。実家は神奈川の方なのでそれまでポケセン横浜の方でバトルイベントに参加していました。

名古屋の方は毎回椅子に座ってバトルするのだが、今回は別イベントやってる都合だと思うけど立ちながら対戦する形式でした。立って対戦する形式はポケセン横浜の方で慣れていたので何とも思いませんでした。名古屋は勝っても負けても並びなおす必要があるけど、横浜の方は勝った人は残って次来た人or別の勝った人と対戦で負けた人は並びなおすという形だったので店舗によって違うみたいです。

対戦成績は8勝4敗で微妙な成績となり、代表の抽選権も外れてしまったので、あとはモニターに映し出された代表者の試合を観戦して今回の大会は終了しました。

f:id:ultradash_poke:20180624221420j:plain

f:id:ultradash_poke:20180624221752j:plain

対戦面で思ったのは、ライブ大会だとバトルビデオが保存できないので、対戦を振り返ることができないのが残念です(恐らくフレ戦形式にするとルール間違えて対戦する人とか出るから?)。あとは構築を組む時に、特定のポケモンを絶対選出しなければならないかつシングルバトルだったので戦術の幅が狭くなるのがちょっと残念だったかな(RR団イベントは配布ボスポケおよび禁伝が複数いたので色々な構築を考えることができた)。まあそういうのも限定ルールの醍醐味であり面白いところであるからまたこういうルールがあったら積極的に参加していきます。

 

以上になりましたが、思ったことをつらつらと書いたのでかなり長くなりましたがここまで読んでくださりありがとうございます。また次回の構築記事でお会いしましょう。

何かあれば下記のツイッターまでよろしくお願いします。

@ULTRA_DASH1